ジブラルタ生命 評判

ジブラルタ生命のランキング詳細と評判・商品解説

ジブラルタ生命のランキング詳細データ

2001年に、プルデンシャルアメリカ本社が協栄生命保険の業務継承をする形で業務を開始しました。今では親会社を同じくしてプルデンシャル生命と兄弟会社ですが、日本で営業していたAIG系生保二社を吸収合併したこともあり、保険料等収入がプルデンシャル生命(7,937億円)の1.5倍超になっています。

ジブラルタ生命

総合第9位/31社


生命保険会社の総合ランキングはこちら



平成28年夏発表のディスクロージャー資料の
平成27年決算によると
ソルベンシー・マージン比率:890.0%%
保険料等収入:1,234,814百万円→約1兆2,348億円
経常収益:1,653,919百万円→約1兆6,539億円
経常:116,101百万円→約1,161億円
利益率:約7.02%

なんかスゴイ差があるんですけど。
平成26年度と平成27年度の保険料等収入は一割ほどしか違いがないのに、保険料等収入+その他の収益である経常収益
平成26年度が約2兆2,334億円
平成27年度が約1兆6,539億円と、
三割近く(約5,800億円も) 激下がりしています。

この差の原因の主な原因は「その他の収益」に含まれる為替差損益
26年度が為替差約五千億円
27年度が為替差約三千億円
と、二期の為替差損益が八千億円も差が開いています。平成27年度はこのような大損にもかかわらず最終的には利益を出して、このサイトで上位入りしました。

桜18 ランキングに使った項目の解説

ソルベンシー・
マージン比率
通常予想できないリスクに対する保険金支払い余裕度合いの指標
保険料等収入保険会社の保険料だけの売上高
経常保険料等収入と、その他の売上全部。保険会社全体の売上
経常当期純利益の前に表示される、事業の善し悪しを表すとも言える利益
利益率経常益を経常益で割った数値

万が一があっても家族は大丈夫ですか?

保障の充実も、保険料の減額もお任せ

提案がイマイチなら気軽に断れます

強引な営業はありません。ほけんの窓口

保険相談は、何度でも無料です!

ジブラルタ生命の評判

口コミサイト・相談サイトなどを見て、ジブラルタ生命の評判をまとめてみました。

良い評判
良い評判 ドル建ての養老保険の予定利率は高いので、円高なら解約はしない方が良い
良い評判 ドル建て終身保険の月払いは円建て終身保険より安くなる可能性が大きい

普通の評判
普通評判 元は(破綻した)協栄生命。自衛隊員や学校の先生に強い保険会社で、ジブラルタになってからドル建ての保険の割合が多くなった
普通評判 リタイアメントインカムプラスはハイリスクハイリターンなので損得どちらとも言えない

悪い評判
悪い評判 保険料支払い方法を年払いに変更しようとしたら、高額一時払い保険商品を勧めてきた
悪い評判 自分の成績だけが大切で、顧客の立場や損得を考えない外回り営業職

保険探し難しいし、結構辛い!と思ったら

無料で保険の専門家に頼っちゃいましょう

ほけんの窓口 は何回でも相談無料

キッズコーナー・授乳スペースもあります

お店の空き状況は簡単に確認できます

まずは家族の保障を考えましょう

保険金不足で子供が中卒就職。でいいですか?


ジブラルタの家族収入保険

他社ではよく収入保障保険と言われる、契約した一定額の保険金を毎月受け取れる生命保険は、ジブラルタ生命の場合「家族収入保険」と呼称するようで、さらに、高度障害状態になった場合、元々契約していた保険金に上乗せされた保険金を受け取れるのが「高度障害療養加算型家族収入保険(保険料払込中無解約返戻金型)〔無配当〕」です。
外資系というとドル建て養老保険などが有名ですがが、家族収入保険は普通の円貨の生命保険です。

定期保険のような派手さは無くとも
家族収入保険は定期保険の派生なのですが、定期保険のように10年更新とか15年更新も無いし、定期保険のように一度に大金を受け取れる訳でもないし。
どこが魅力なのかというと、同じ保険金を受け取ることを考えると、定期保険よりも保険料が安くなること、さらに受け取る保険金にムダが無いことの二つの魅力が挙げられるでしょう。

キッズコーナー・授乳スペース 保険の無料相談ほけんの窓口


死亡保険金=必要保障額について

必要保障額設定の必要性
遺した家族を守るための保障が家族収入保険だと思うので、必要な保険金額=必要保障額について書いてみます。

末子が大学を卒業するまでの保障額は?
例えば夫が他界したときの死亡保険というのは、遺された家族がある程度の年数、そうですねぇ末子が大学卒業するまでの生活費や学費をまかなうために加入することが多いでしょう。
例えば子供が二人と夫婦が居る家庭で夫が他界したとき、そのとき遺された三人(妻と二人の子供)の毎月の生活費が二十万円だとすると、末子が二歳として、大学を卒業するまで残り二十年ですので二十万円×12×二十年で4,800万円の生活費が必要です。

学費は結構高い
二人の子供の大学卒業までの塾なども含めた学費を、保育園から大学まで全部国公立にしても一人一千万円、二人で二千万円と見積もると、末子の大学卒業まで生活費と学費の合計6,800万円必要になります。
単純に考えれば七千万円近くの保障額(保険金)が必要になります。これを現時点での必要保障額と言います。

必要保障額は減り続ける
もう少し未来を考えて
末の子供12歳になれば、あと十年で大学を卒業ですから生活費の負担が十年減って、4,200万円の保険金が必要でしょう。
末の子供が17歳であと五年で大学を卒業するのなら2,800万円の保険金が必要というように、必要保障額は時間の経過と共に減っていくのです。

定期保険はムダが多い
では、末子が二歳のときに定期保険で7,000万円の死亡保険金をまかなうと、保険料だけでもかなり高いので保険に加入するのも躊躇するところです。
また、末の子供が17歳であと五年で大学を卒業するときに、2,800万円もあればよい死亡保険金のために7,000万円もの保険金の定期保険に加入し続けるのは、保険金差額4,200万円分の保険料のムダです
定期保険は将来必要保障額を大幅に超えてムダが出てしまうのです。

必要保障額の計算はお任せ。

相談実績100万件以上! 保険の無料相談ほけんの窓口


家族収入保険は合理的

減り続ける必要保険金に対応する
で、何故家族収入や収入保障保険が合理的かというと、この年々減っていく必要保障額に対応できるからなんです。

家族収入保険の保険金は、定期保険のように大金を全額一括受取りするのでは無く、少額定額の保険金を毎月受け取るので、保険金をもらった回数の累計額、つまり保険金をもらい続けた月数に比例して保険金が増えるのです。

保険金受取り例
例えば、末子が二歳のときご主人が三十歳で、「ご主人が50歳相当の年まで」月20万円の保険金がもらえるように契約します。

運悪く契約の翌日にご主人が他界した場合、末子があと二十年(ご主人が50歳相当の年)で大学卒業するまでに、20万円×12ヶ月×20年=4,800万円の受け取り保険金累計額になります。
末子が12歳のときにご主人(四十歳)に万が一があれば、ご主人が五十歳相当の年まであと十年ですので、20万円×12ヶ月×10年=2,400万円の受け取り保険金累計額です。

このように、受取り保険料総額が自動的に減る設定なので、死亡保険金4,800万円の定期保険に加入する保険料よりも格段に安い保険料になるのです。

保険の相談だけでも大丈夫 保険の無料相談ほけんの窓口


学費を含めた設定を

上記は遺された家族の生活費(月額20万円)だけの保障を考えたので、学費の保障は考えていません。
結構落とし穴なんですが、学資保険は多くが17歳か18歳の子供の、200万円から300万円の保障です。それまでの塾代などは考えていないですし、学資保険の保険金は大学四年間の授業料の半分程度しか賄えないことが多いのです。
よって、家族収入保険の月額保険は「塾代なども含めた学費」を考えた保険金設定が必要になります。

必要保障額の減額
要するに、家族収入保険を考えるときは必要保障額の計算が必要になるのです。家族収入を選ばなかったとしても、死亡保険金の設定は必要保障額の計算が必要になります。細かく計算するなら公的補助で得られるお金や死亡退職金、他に加入している保険から受け取れる保険金、現在の貯金額なども必要保障額から差し引けますので、保険金を減らせる=保険料を減らせる効果があります。

必要保障額を満たせない恐怖

必要保障額を計算しなかったら、本当に万一の時にどうなるかというと
保険金不足で生活費が激減、子供が二人もいるのに妻(母親)がバイトを三種類掛け持ち
疲れ切った母は子供の面倒を見ることも躾けることもろくにできない
生活費のために上の子が中卒就職する
生活費も学費も無いから子供の将来の夢なんて叶えられない
こんな感じでしょうか。

中卒就職を卑下する気はありませんが、お子さんの夢を叶えられそうな保障は残せるようにしておいた方が、家族を遺してしまうことになっても安心してあの世にいけるというものです。

家族収入はスゴい

収入保障保険や家族収入保険は定期保険の派生商品なので、死亡保険に含まれるんです。
他の生命保険会社の収入保障保険商品も死亡と高度障害状態の時に保険金受け取りは出来るのですが、両目が使用不能とか両足が使用不能になるなどの高度障害状態のときに受け取り保険金を増額してくれるのは画期的です。

ちょっとだけ欠点。
他社も同様ですが、家族収入保険や収入保障保険の毎月の受け取り保険金は年金と言いまして、受け取った年金の相続税または贈与税の課税対象外の部分は所得税と住民税が課せられます。
それは、必要な保障額と死亡保険金の厳密な計算と、ちょっと余裕を持った保険金設定解決出来ます。専門家にしっかり相談しましょう。
高度障害療養加算金
ジブラルタの家族収入保障保険は良く出来ていて、前にも書いていますが高度障害状態になると「高度障害療養加算金」が毎月加算されて毎月の保険金受取額は、契約時の1.5倍になります。
これは保障期間中は被保険者が高度障害状態で生存している限り続き、保証期間中でもその被保険者が他界したときは、加算金が無くなり保障期間の終了まで通常の保険金が毎月支払われます。

他保険加入
また、保障期間の途中で末子が大学を卒業したなどでこの保険を解約しても良い状態になった時、かなりの年齢になっていて健康状態も加入時と比べると悪くなっていることが多いでしょう。
ですが、ジブラルタ生命所定の取り扱いに基づき、「審査や告知なし」で終身保険または養老保険あるいはその両方に保険を切り替えることが出来ます。
これをジブラルタ生命では「他保険加入」と言うのだそうですが、かなり凄い制度ですね。

しかも、家族収入保険を全部消滅させて終身保険か養老保険、あるいはその両方の保険に切り替えることもできますし、家族収入保険の一部を消滅させても同様なことが出来るのです。

この会社の保険、家族に合ってるかな?

と思ったら、ほけんの窓口 で無料相談

専門家が約35社から意向に沿って絞り込み

予約は簡単!無理な勧誘はありません

もちろん、保険相談は何度でも無料です

ジブラルタと言えば外貨っ

米国ドル建リタイアメント・インカム

ジブラルタ生命は、同じグループのプルデンシャル生命と同じ名前の商品を持っています。
「米国ドル建リタイアメント・インカム」は、本当にそのまんま同じ仕組みの商品で、米ドルを積み立てて満期になったら、満期金を受け取る、3種類いずれかの方法で受け取る。ここまでは、プルデンシャルと変わりません。

ジブラルタのサイトにもある一例ですが
現在30歳の方が、毎月445米ドルをジブラルタ生命に30年間払い込み続けます。
このとき、よくある外貨建て保険商品はまずドル受払専用口座を銀行で開設し、あくまで米ドルで受払しなければならないのですが、ジブラルタの「米国ドル建リタイアメント・インカム」は、特約を付けることによって「日本円」で保険料が支払えて、「日本円」で保険金が受け取れることです。

法人

これが受けているようで、ネットを見た感じですと、プルデンシャルの同じ商品より、ジブラルタの米国ドル建リタイアメント・インカムの方が、FPなどの保険のプロに絶賛されているようです。

米国ドル建ての養老保険です
米国ドル建年金支払型特殊養老保険と書いてあるので、養老保険という、どちらかというと保障機能より貯蓄機能重視の生命保険です。
終身保険は保険料払込期間が終わっても終身まで死亡保障がありますが、養老保険は保険料払込期間(満期)までが死亡保障期間です。そのかわり終身保険よりも解約時の返戻率が高くなります。

契約して第一回目の保険料を支払った直後から、この30歳の方には(契約者であり、被保険者でもあるので)基本死亡保険金10万米ドルの保障が付きます。
つまり、第一回目の支払直後に死亡したとすると、(あくまで保険契約なので)445米ドルしか払っていないのに、もし死亡すると10万米ドルが遺族に支払われるという保障が付くのです。
月額保険料445米ドルを、毎月円換算してから払い込むので、為替変動の影響で毎月の保険料(日本円)は変動し続けます。

30年後に満期を迎えます。
契約者であり被保険者である方は60歳です。100000米ドルの「死亡保障」は消滅します。
30年で、445米ドルx12か月x30年、160,200米ドルの保険料総額を払い込んだのですが、アメリカの金利の良さのおかげで197,833米ドルと、満期保険金が約1.23倍に膨れあがります。

何度でも相談無料! 保険の無料相談ほけんの窓口


満期金の受け取り方が良く出来てます
受け取り方1:膨れあがった満期保険金を、80歳までの20年間で分割しながら「年金」として受け取る。
受け取り方2:膨れあがった満期保険金をそのまま全額現金で受け取ることもできます。
受け取り方3:半分は現金で受け取って、半分は年金で少額ずつ受け取り続けることもできるのです。

受け取り方1の例だけ書いてみます。
60歳満期直後から80歳まで、満期保険金197,833米ドルを年金として20年間で分割受け取りしていくと、分割受け取りしていない満期保険金の残額、(細かく言うと、満期保険金の次回以後の受け取り分の累積残額) は、ジブラルタに預けたままになっているので、その満期保険金残額は、ジブラルタでさらに運用しながら年金受け取りの原資になり続けます。

これを20年間続けると、20年間の年金受取総額が240,000米ドルとなり、60歳満期直後より40,000米ドル以上増えた受け取り金額になるのです。
為替変動リスクはありますが、よほどの為替変動が無い限り危険な運用ではありません。

保険の知識が無くても大丈夫です

専門家がわかりやすく説明してくれますよ

約35社から希望を聞いて絞り込み

もちろん保険の相談は何度でも無料

便利な ほけんの窓口 の店舗探しは超簡単

ジブラルタ生命の数字の話

ジブラルタ生命の数字的な評判と言うよりも評価的な話ですが保険会社にはこんな損失もあるんだ?と思った話です。
ジブラルタ生命の平成27年度の保険料等収入(保険の契約者から集めた保険料の総額。)は、1,234,814百万円ということで、1兆2348億円になり、平成26年度の1兆3,666億円とそんなに変わらない数字が出ています。
ですが保険屋さんの総収入(保険の販売収益である保険料等収入+保険販売以外の収入)である経常収益を見ると
平成26年度が約2兆2,334億円で
平成27年度が約1兆6,539億円
一年で六千億円ほど経常収益が減っています。六千億円もですよ?凄い勢いで減ってますよね?

ということで両年度の主立った保険販売以外の数字を見てみたら
平成26年:為替差益 約4,996億円
平成27年:為替差損 約3,116億円
このような数字を見つけました。

差引六千億円の為替差損。凄い。
それよりも凄いのが、こんなに損失を出しても平成27年決算でジブラルタ生命は1,161億円の経常利益を出しています。経常収益と比較した利益率は約7.02%です。
兄弟会社のプルデンシャル生命は、平成27年度の経常収益が約7,936億円、経常利益が279億円、経常収益と比較した利益率は約3.14%です。

保険会社は凄いですね、一年間と言うより実際は二年間の為替差損益を差し引きしたら六千億円の為替差損ですよ。
なのに兄弟会社よりも利益率が良いと言う結果で決算を乗り切るんですからねぇ。

更新はありませんか?値上がりませんか?

お子さん連れでも安心のキッズスペース

無理に保険を勧めることも無いので

近くのほけんの窓口 で気軽に相談できます

店舗検索簡単、保険相談は何回でも無料



当サイトの訪問数Best4 !

 


第一位桃

訪問数 第一位
赤小矢印ジブラルタ生命

 


第二位桃

訪問数 第二位
赤小矢印保険の見直し方・選び方

 


第三位桃

訪問数 第三位
赤小矢印マニュライフ生命

 


第四位桃

訪問数 第四位
赤小矢印メットライフ生命