癌 ガンになった

ガン保険の大きな一時金の必要性

手術後に必要な費用もある

ガンの一時金って、ガン治療の為だけに使うのでは無いと思うのですよ。再発防止ではなく、再発の早期発見の為に頻繁に遣い続ける必要があるお金なんです。ガンを患って五年間は再発防止なんて出来ないように思うんですよね。再発しないと発見出来ないのですから。

術後五年間頻繁に検査し続けて一度も再発が認められなかったときに初めて「ガンは完治した」と安心出来る病気だと思います。

 

ガン二つの脅威

思うに、ガンは二つの大きな脅威があると思います。
一つは
発見が遅ければ大規模な治療が必要な場合が多く
二つ目は
比較的初期で発見されたとしても、ガンの転移・再発生が怖いのです。

 

ガンの転移と再発の可能性を抑える

初期の胃がんや大腸ガンなら、内科での内視鏡術でガン化しているポリープを除去すれば、わざわざ外科で開腹手術をするまでも無く治る…
というよりも実は取ったガンがそれ以上肥大せず内臓へ悪影響を与えるのを防ぐことが出来る訳で、ガンが最も恐ろしい病気であることの一つ、転移の可能性は残っていることがあります。
初期ガンで小さいポリープ状の塊を取ったとしても、それが血管やリンパ腺までに達していたら再発の可能性は10パーセント以上になるそうです。

 

例えば大腸ガンの場合、ガン化したポリープを取った後に再発の可能性が10パーセント以上あると見込めるようなら、
外科手術で当該箇所から前後5センチメートル、合計10センチメートルの腸を切除、吻合(切った腸をつなぎ合わせる)手術が必要になり、それでも五年以内の再発率は0.5パーセント以上になるそうです。

 

再発を出来るだけ早く見つけるために

すると、切除・吻合手術後、半年に一度は人間ドッグを受けてみたいものです。
ただ、普通の最低レベルの人間ドッグを受けるというのも不安です。出来ればPET検査付きの人間ドッグにしたいなぁ〜というと、安くて8万円からの検査料金です。
五年間、半年おきに8万円ですよ!?年間16万円×五で80万円です。

 

高額療養費と手術後費用

実は、ガンで大規模な手術になったとしても、健康保険の範囲内の手術の場合高額療養費で治療品の一部を後日払い戻ししてもらうか、
医療費が高額になることが既にわかっているなら、「限度額適用認定証」というものを取得して病院に出せば、病院での精算時に高額療養費決められた金額だけ払えば金額的には結構安く済むのです。
例えば初期の大腸ガンでしたら手術日を含めて一週間から長くても二週間の入院で、二週間の入院であっても、限度額適用認定証の取得・提示をすれば手術費を含めて10万円でおつりが来ます。

別視点の、がんの恐怖

ステージは変化する

がんというと、進行度合いを「ステージ」で表現することが多いのですが、実際はステージ数値0の上皮内がん、T期、U期、Va期、Vb期、W期というのが初期の診断では結構曖昧で、どちらかというと、医療の現場ではがんという悪性腫瘍が内臓にどのくらい浸潤しているか、とか、多臓器への転移の可能性があるのか、すでに転移しているのか、というのがまず最初に考えるべき問題のように思えます。


 

浸潤

浸潤とはがん細胞の食い込み具合を言います。

大腸の結腸がんの場合、小指の先ほどの悪性腫瘍でも厚さ3ミリの腸に1ミリを超えて食い込んでいたら再発率は10パーセント、1ミリ以下の食い込みなら0.5パーセントだそうです。

もし1ミリ超えの浸潤が見つかったら悪性腫瘍があった場所の前後10cm合計20cmを切除、その20cmの腸についている血管とリンパ管も一緒に切り取り、その血管とリンパ管にがんの転移の形跡があるかまずは目視で確認、目視で確認できなくても手術後顕微鏡で生検する必要があります。


検査後手術後

例えば乳がんの場合、乳輪直下の小さながんかもしれないという予想を立てても、CTとかMRIで精密検査してみたら乳房全体に広がっていたということはよく聞く話です。

さらに実際に乳房切除手術をして、関連する血管とリンパ管もとってみたところ、すでにがんが転移している形跡がもくしされたので、治療方針が大幅に変わることもあります。目視できる状態のがんのステージなんてTとかU期ではなくなります。


術後の生検までわからない

ある日トイレに行ったら便器内が血だらけだったので精密検査したら、直腸がんのステージWを宣告されることもありますが、そこまで酷いがんでなければ最終的なステージは、内科手術でも外科手術でも、血管とリンパ管の生検をした後でないとわからないことも多いのです。


多くはステージが上がるほど大きな手術になりやすいです。

ステージTの結腸がんなら内科の内視鏡術で終わることも多いですが、取った悪性腫瘍と腸組織を調べたら1000ミクロン超の浸潤が認められて後日腹腔鏡術による結腸切除・吻合術を
受けることだってあるのです。

そうすると、限度額適用認定証の取得・提示をしても、手術を含めた入院費用が高騰します。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

また、そういう大きな手術は社会復帰まで時間を要するので、その間の生活費の工面が必要です。
特に自営業、企業経営者、派遣、日給月給の人は


がんの恐怖と資金

がんの恐ろしさは、別角度から見れば検査や手術をするたびに病状の悪化が露見され続ける恐怖でもあるのです。その恐怖に対抗するために準備できるお金があるのと無いのとでは大きな違いがあります。医療保険に加入していたとしても、できればがん保険は別口加入すべきかもしれません。
がん保険の一時金は不要という人も居るようですが、術後費用に目を向けるとできれば診断一時金は二百万円ほどの設定が必要かもしれません。

どのような想定でがん保険を選ぶか

ガンの治療にかかる費用の平均は年間百万円以上とよく言われます。

一方、例えば大腸ガンなどで初期ガンでの発見・治療でしたら、内視鏡術でポリープ状の悪性腫瘍を取るだけなので、内視鏡術と三泊四日の入院で、高額医療費制度を使わなくても五万円以下で済んだよ。というような話もあります。

ガンは、発見された部位やその時の状態によって比較的簡単な内科での手術で済む場合もあれば部位や進行状態によっては大がかりな外科手術、しかも緊急手術が必要になることもあるのです。

考えたくは無いですが、やはり大がかりな外科手術に対応できる保険金や給付金を目的に、がん保険を考えたいですね。


そういった、何を基準に保険を選べば良いか、また給付金額や保険金額をどの程度に設定すれば良いかというのは、想像が付きにくいですし算定の基準もわかりにくいものです。

試しに専門家に無料で聞いてみるもの良いと思います。

何年も払い続ける保険料の節約と、家族のための正しい保障をFPに相談したほうが確実です。

もちろん、保険の専門家が提案しても無理に加入する必要はありませんし、専門家は強引な勧誘をしません。