ガン保険とは

ガン保険の意味・解説

 

ガン保険とは

ガン保険と医療保険は第三分野の保険(生保会社でも損保会社でも扱える保険商品)として、各生命保険会社や各損保険会社から販売されています。

 

ガン保険はその名の通り、ガンに治療に伴う入院・手術・通院といったことに対し保障をするものです。
医療保険に比べ、ガンに特化していますから毎月の保険料はかなり安くなっています。
また、ガンのかかりやすさを考慮して喫煙割引があるものですと、保険料は更に安く設定されています。

 

逆に弱点をいうと、ガン専門保険なので、がん以外の疾病や怪我には全く役に立ちません
たまに、がん治療に使える保険 = (傷病に対応する)医療保険と勘違いする方がいらっしゃるようです。

 

がん保険に加入しているのに、医療保険に加入していると勘違いして、がん以外の傷病の時に保険金を請求しても保険会社が全然取り合わないということが実際にあったようです。
これは特に、定期保険や終身保険などに「がん特約」を付けた場合に起きやすい勘違いのようです。

 

ガンだけを保障をする特約を付けたのに、いつのまにか「医療特約」を付けたと勘違いして、怪我や病気の時に保険金や給付金を請求しても、お金は受け取れません。
がん保険を医療保険に勘違いしてしまうのは、契約後に時間がたてば経つほど勘違いしやすいようなので、定期的に保険内容を確認してください。

ガン保険は安いんです。

日本人に死亡原因のトップは皆さんご存知の通り「ガン」で30%程度ですから、がん保険はニーズが高いものです。
また、実際にガンになると治療にかなり高額のお金が一時的に掛かり、治療も長期化しますし、場合によってはリハビリなども必要で、社会復帰まで長日数と大金が必要になります。

 

更に元気な時と同じように仕事ができなくなる場合もあって、収入もダウンしてしまいます。

 

こうした事態に備えて、安い保険料のガン保険は、一般の医療保険を補足する上で有効なものです。
注意事項としては、保険に加入後90日間にガンになった場合、保険金の支払はされないということです。
これは契約時に被保険者が健康体と告知しても、自覚症状などが無く本人が全く気が付かないのに、すでにガンに罹患していることが考えられるからです。

 

ガン保険で「先進医療特約」というものがあります。そもそも先進医療とは何?ですが、先進医療については別ページの先進医療特約とはに書いてあります。

 

もしあなたが医療保険も加入している場合「先進医療特約」は医療保険にだけ付帯していれば大丈夫で、ガン保険も同時に「先進医療特約」を付帯するのは保険料の無駄になります。

 

保険選び 万が一があっても家族は大丈夫ですか?

保障の充実も、保険料の減額もお任せ

提案がイマイチなら気軽に断れます

強引な営業はありません。ほけんの窓口

保険相談は、何度でも無料です!


当サイトの訪問数Best5 !

 


第一位桃

訪問数 第一位
赤小矢印ジブラルタ生命

なぜかこのサイトは外資系が人気のようです。ジブラルタ生命の結構衝撃的な数字の話、家族収入や人気のドル建て保険についても解説しています。

 


第二位桃

訪問数 第二位
赤小矢印保険の見直し方・選び方

結婚しても保険を見直す必要は無いかもしれません。ですが家族が増えたら、万一の後に遺された子供が進学できないことが無いように、しっかり見直しましょう。

 


第三位桃

訪問数 第三位
赤小矢印保険無料相談ランキング

保険の無料相談をランキングしました。このページが急浮上した理由は、管理人が実際に保険相談した体験談を書いたことがお役に立っているのでしょう。

 


第四位桃

訪問数 第四位
赤小矢印メットライフ生命

メットライフ生命はダントツの安さが期待できる「スーパー割引定期保険」が有名です。他にも保険商品を解説しています。

 


第五位桃

訪問数 第五位
赤小矢印マニュライフ生命

正直、なぜマニュライフ生命が人気なのかよくわかりません。保険商品よりも経常利益が約二億円、利益率0.02%という神がかった数字が見所かもしれません。