医療保険とは

医療保険の意味・解説

青二重丸 保険の専門家(FP)が無料でアドバイス

無料アドバイスで保障を大きく保険料節約

今ならFPの無料相談で6,000円分の商品券!

赤矢印右保険マンモス

 

医療保険とは

 

医療保険は
被保険者怪我や病気で入院・手術をした時に、保険金や給付金が受け取れる生命保険です。
つまり、被保険者が生きている時に支払われる保険ということができます。

 

医療保険は、基本的に被保険者が死亡した時だけに保険金が支払われる「死亡保険」と違い
被保険者が生きているうちに支払われますので、実際は何度もお世話になる確率の高い生命保険といえます。

 

死亡保険は死亡した時に何百万円といったかたちで契約しますが、医療保険は入院日額が何万円とか何千円といったかたちで契約します。
これが主契約といったものになり、この日額の何倍で手術費用が計算される、というものが多いです。

 

 

内容はあくまでも「怪我・病気による入院と手術、またそれに伴う通院」が主なものですから、美容整形の手術や入院、正常分娩では保険金は支払われません
また、一入院につき何日間までといった制限があります。
主なもので30日から180日が多いですが、統計上の実際の平均入院日数は20日前後のようですので、毎月の保険料とその他の特約の内容の組み合わせで検討も必要かと思われます。

 

 

また終身型定期型がありますが、例えば入院日額が5000円としていても、30年後の物価がこのままかどうかは分かりませんので、どうしても今は子育て等で出費を抑えたいというのであれば定期型も良いかと思います。
しかし、この場合は後々に終身の医療保険に加入を考えていても、その時に健康上に問題があり、保険加入ができない場合も考えておく必要があります。
こうなると更新しかありませんので、毎月の保険料はかなりの負担になることも考慮に入れておきましょう。

 

できれば、終身保障型で60歳までに払い済み(保険料の払い込みが終了すること)にすると老後の生活費に負担になりません。また老後こそ病院や医療保険ににお世話になる確率が高くなります。
60歳までに払い済みにすると、保険料支払い期間が短く、短期ローンのようなもので毎月の保険料は多少高くなりますが良い方法と思います。

 

青二重丸 保険節約の専門家、FPの無料相談

正しい保障で保険料節約・小遣い増額

今、保険無料相談で6,000円分の商品券!

赤二連矢印右保険マンモス赤二連矢印左