女性保険とは

女性保険の意味・解説


女性保険とは

女性保険といってピンとこない人もいるかもしれません。
生命保険は3種類(定期保険、終身保険、養老保険)の保険形式の組み合わせですから基本的には「女性保険」といった商品があるわけではありません
一般には、女性用の「特約」が付いているとか、女性しか加入できない保険商品のどちらかになります。

ですので、いわゆるニューハーフの方の加入は無理だと思います

変な表現ですが、女性は男性に比べ身体のパーツが多いので、女性特有の病気があります。
また、ホルモンの働きも男性と違いますから、体の部位にかかわらず
「女性が掛かりやすい病気」あるいは「女性しかかからない病気」や「女性が多くかかる病気」などがあります。

従って、男性と同じ保険内容ではそういった病気の場合に保障ができないことになります。
そこで、女性特有の病気に特化した特約を「女性疾病特約」というかたちで保険の主契約に特約として付加するのが、女性が生命保険に加入する時に大切となります。
女性限定加入の生命保険が各社から販売されています。

多くの女性保険は、生存給付金に近い「健康お祝い金」とか「嬉しいボーナス」といった形式で数年ごとに10万円など、まとまったお金がが給付される商品に人気があります。
女性は結婚して家庭ができれば、なかなかボーナスがでることも少ないのですが、健康であれば定期的に10万円が支給されることでいろいろ計画を立てる楽しみがありますね。

女性は祝い金・ボーナス付きの保険商品に弱い傾向にあるのですが、お勧めできないのです。

終身保険や養老保険、学資保険の満期金でなく、生命保険に付くボーナスや健康祝金は多くが大した運用結果になりませんので保険料の無駄になります。その無駄なお金使うなら、銀行に預金したほうがまだマシというものです。

更新はありませんか?値上がりませんか?

お子さん連れでも安心のキッズスペース

無理に保険を勧めることも無いので

近くのほけんの窓口 で気軽に相談できます

店舗検索簡単、保険相談は何回でも無料