個人年金保険とは

個人年金保険の意味・解説

青二重丸 保険の専門家(FP)が無料でアドバイス

無料アドバイスで保障を大きく保険料節約

今ならFPの無料相談で6,000円分の商品券!

赤矢印右保険マンモス


個人年金保険とは、率の良い貯金です

保険の形を見ると老後の年金の補てんに使えそうなので、何となく養老保険に似ています。
ですが、個人年金保険は「保険」となっていますが、実は普通の貯金です。保険としての保障機能はほとんど無いようなものです。
それでも死亡時には保険会社からお金が出るのですが、そのお金が通常の保険と比較すると「保険金が全然無い」と思えてしまうくらい、少ないのです。
そのかわり、銀行に貯金していくよりも遙かに良い戻りが期待できるのです。

銀行定期預金 VS 個人年金

最近のこのご時世ですから、銀行の定期預金の利率が0.230%あると「金利が高い!」と驚いてしまいます。こんな状況なので休日に一度ATMでお金を引き出すだけで、せっかくたまった利息が無くなるのと同じようなものです。
これじゃぁ、大金を一括して銀行に定期預金するのも嫌になりますよね。

生命保険会社も銀行同様に金融機関です。
銀行預金よりも良い利率(配当金) が付くし、毎月積み立てないと(ちゃんと保険料を納め続けないと)保険契約が消滅するので、集金する強制力もある個人年金にした方が確実に貯金ができて、結果銀行預金よりも格段にになります。

あ、もう一つ特典があって、税金が少し安くなるという利点もあります。
個人年金保険は、実情は保険で無いので、年末調整や確定申告の生命保険料控除で特別に個人年金保険料控除の対象になります。

青二重丸 FPは保険や金融商品・家計のプロ

保険を節約して、住宅ローン軽減

正しい保険を選んで、安心の将来を

保険無料相談で商品券6,000円分。今!

赤二連矢印右保険マンモス赤二連矢印左


若い内から老後対策

今後、少子高齢化が加速して年金原資が枯渇していく現状で、老後の心配事は「長生きのリスク」ではないでしょうか。
ある調査によると、70%以上の人が老後の生活資金の不安を抱えています。
遺された家族のために死亡保険も考えたい。一方で安定した老後を迎えたい、その時に少しでも豊かな資金を…という人には良い保険と思います。

個人年金の具体的な旨味

個人年金について良いことばかり書いてるけど、銀行と比べてどのくらいオイシイ戻りになるの?個人年金の金利は?と思いますよね?
でも保険なので、保険料や被保険者の年齢や、保険料払い込み期間、保険会社によって全く違う数値が出るんです。
ただ一般的に言えるのは、昨今の銀行の定期預金よりかなり良い金利が付くのと同じ運用結果になるでしょう。これだけは言えるのです。

すみません、力量不足で個人年金についてこれ以上良いネタが書けません。以下、個人年金の欠点が多くなりますが、参考程度に読んでみてください。

個人年金のツマラナイ話

個人年金の被保険者が死亡すると

先に個人年金保険の被保険者(保険の保障を受ける人) が死亡した場合を書くと、それまでに払い込んだ保険料総額に相当する額が受け取り保険金になります。
「死亡保険○○○万円」という保障が無いのです。

例えば、保険料が月々10,000円の個人年金保険に加入して、10年間払い込んだ時点で死亡した場合
10,000円 x 12か月 x 10年=120万円 (+配当金)の受け取りです。

定期保険との保障の比較

例えば定期保険で、死亡保険金4,000万円、月額保険料が5,000円の契約だったとします。
最悪といいますか、初回の保険料5,000円を支払った直後に被保険者が他界したら、保険会社から保険金受取人にに4,000万円が支払われます。

非常に悪い書き方ですが、五千円の費用で四千万円の保険金になることだってあり得ます。
ですが、例え百回の保険料を納めた定期保険を解約しても、解約返戻金はほとんど望めません

個人年金保険は「老後に向けた貯蓄」が目的ですから、良くても一般的に支払った保険料の総額の1.1倍程度しか死亡保険金が支給されません。ですが数十回保険料を納めると、解約してもそんなに損をしない程度の解約返戻金は望めます。

これがよくあるの生命保険(定期保険) と個人年金の「保障と解約返戻金の違い」です。

青二重丸 FPは保険のプロ。国家・公的資格保持

保険を節約して、教育費増額

正しい保険を選んで老後対策

保険無料相談で商品券6,000円分。今です!

赤二連矢印右保険マンモス赤二連矢印左


養老保険と個人年金

ちなみに個人年金とよく勘違いされる養老保険は、死亡保険の保障があり、生命保険料控除で一般生命保険料に含まれます。
満期保険金と同額の死亡保険金になるので、例えば保険料を1回支払っただけで翌月に死亡した場合、貯蓄部分は1か月の保険料しかありませんが、死亡保険金は契約時の金額が支給されます。
これは定期保険と同じような感じです。

例えば養老保険 養老保険で、月額保険料25,000円、死亡時1,000万円の保険を保険期間30年契約したとします。。
第一回目の保険料25,000円の保険料を支払った直後に死亡すると、1000万円の死亡保険金が支払われます。 また、30年間かっちり保険料を払い込んだとすると、総額が900万円になりますが、養老保険は凄い利息が付くので、満期後に1,000万円の解約返戻金が手に入ります。
こんな感じです。

まとめ

定期保険、養老保険、個人年金が混在してややこしいですよね。
定期保険→保険料安い・保険金高額・解約返戻も満期返戻金も無し。
養老保険→保険料高い・保険金低額・満期返戻金有りで保険料総額よりも良い利率が付く。
個人年金→保険料高い・保険金=保険料累計額みたいなもの・満期返戻金は養老保険よりも良い利率。
こんな感じです。

青二重丸 FPは高度な資格保有の、保険のプロ

FPが無料で保険選びをアドバイス

合わない提案は簡単に断れます

イエローカード制で、強引な勧誘ナシ

保険無料相談で商品券6,000円分。今です!

赤二連矢印右保険マンモス赤二連矢印左