外貨建て生命保険とは

外貨建て生命保険の意味・解説

青二重丸 FPは保険と家計の専門家

あなたに合う保険を無料で教えてくれます

今なら商品券6,000円分、もらえます。

赤矢印右保険マンモス

 

外貨建て生命保険とは

 

日本のの毎月の保険料の支払いは一般に「円」です。

 

外貨建て生命保険は「外貨建て」ですから「外貨」で保険料の支払いを行い、運用も外貨で行います
外貨で代表的なのは「US$」「豪$」「ユーロ」があります。
アメリカでは「元」建てなどもあります。

 

日本にも終身保険や養老保険があるのに、なんでわざわざ外貨建ての保険に加入するのか
と言われそうですが、根本的に「利率」が日本と諸外国では雲泥の差なのです。
外貨建ての養老保険や年金保険、終身保険を、保障というよりもお金の運用目的で外貨建てにすると、解約返戻金が、(外貨建て生命保険と比較して)利率が低い日本円で運用する保険商品とは、大きな差が出るのです。

 

外貨ならではの高金利で解約返戻金が大きくなるので、日本において外貨建ての生命保険が人気なのです。
また生命保険は金融商品なので、手持ちの資産を分散して、将来起こりそうな危機を分散しておくという意味もあります。

 

ちなみに、外貨建て生命保険を契約するときに外貨を扱える銀行で
米ドル受払やユーロ受払の専用口座を作る必要がありますが
ジブラルタ生命などは、保険料・保険金の受払も「円」でできる特約が無料で付くので
その面倒くさい外貨口座開設の必要が無い場合もあります

 

少し前には「豪$」もかなり利率がいいので人気があったのですが、やはり安心感がある「US$」が圧倒的に多数を占めます。
この商品の特徴としては、毎月の保険料はレートによって変わるということです。

 

外貨建て生命保険のの長所と短所

例えば、先月の保険料が10,000円だったとしても今月は10,800円ということがあるということです。逆に来月は9,800円ということもあります。
保険料の支払いをしている間は円高の方が有利ですね。
まぁ、毎月の保険料が変動するのは携帯電話やスマホの月額料金と一緒だな
程度に考えると、為替変動による毎月の保険料の変化も気になりません。

 

 

外貨建てなので、加入時は円高の方が有利です。
例えば1ドル92円の時は、1ドルがたった92円で買える、つまり円の「価値が高い」からドルを安く買える。これが円高になります。

 

満期になって保険料を支払われる時や死亡して死亡保険金が受け取れる時は円安の時が有利です。
例えば1ドル115円の時は、1ドル15円も出さないと買えない、つまり円の「価値が低い(安い)」からドルが高くなる。これが円安になります。

 

こういった為替変動の「リスク」がありますので、積立利率(外貨建て商品は利率がかなりいいです)だけで満足せず、円換算特約などで原価割れしないようにするというえ考えもあります。
また、「円」と「外貨建て」の二つに加入してリスク分散する考えもいいと思います。

 

青二重丸 FPは保険・金融・財務の難関資格所持

難しい外貨のリスク説明はお任せ!

保険の無料アドバイスで貯金増額!

今なら6,000円分の商品券がもらえます。

赤二連矢印右保険マンモス赤二連矢印左