先進医療特約とは

先進医療特約の意味・解説

青二重丸 保険のプロ、FPの無料相談

あなたの家族に合う保険で保険料節約!

今、保険無料相談で6,000円分の商品券

赤矢印右保険マンモス

 

先進医療とは

病気や怪我で手術・入院をした場合、医療費は一般の人は3割が自己負担で、残りの7割が国からの健康保険から負担されているのは皆さんご存知かと思います。
また、高額医療費の申請をすると、1か月に同じ医療機関でかかった費用自己負担限度額を超えた額を、国で保障してもらえます。
国家管掌の健康保険というのは本当にありがたいのです。

 

 

話がずれましたが、本題の先進医療の話をしますと
厚生労働省認可で、その治療効果は絶大なのに
費用が高すぎて国家管掌の健康保険が全く効かない、最先端の医療技術といえるでしょう。

 

例えばガン治療の場合、健康保険が効く範囲の手術で完治できそうにない場合、最先端の医療技術でがん細胞を除去することを希望することもあると思います。

 

ご高齢の方が体を切る手術をすると、ガン治療以外に傷の回復にも体力を使ってしまうことになります。
さらに、働き盛りの世代は少しでも早い社会復帰を望まれるのでは無いでしょうか。
できれば、体を切らないでガン細胞だけを壊滅したいものです。

 

その、体を切らないでガン細胞だけを消滅させる最先端の治療法は
重粒子線治療ですと技術料だけで300万円程度
陽子線治療ですと技術料だけで250万円程度なので、決して侮れない金額です。
ですが、こういった医療技術は、「先進医療」といって厚生労働省認可なのに、技術料が高すぎて国の健康保険が適用できないのです。全てが自己負担なのです。

 

この「全て自己負担の高額な先進医療の、主に技術料を生命保険会社で保障するのが「先進医療特約」とか「先進医療給付特約」なのです。

 

この特約は、特約自体の月々の保険料が100円前後が多いので損をした感じはしません。積極的に付加することをオススメしたいです。
少し昔は先進医療特約の保障金額が累計500万円までというものが多かったのですが、現在は累計1000万円までというのが主流です。中には累計2000万円までというものもあります。

 

ちなみに、先進医療は他にも様々な技術があります。
例えば、脳血管へのカテーテルや口腔外科でのインプラントなど10万円程度からのものもあります。

 

青二重丸 無料アドバイスで保険節約。教育費増額

保険の専門家(FP)が無料で教えてくれます

今ならFPの無料相談で6,000円分の商品券

赤二連矢印右保険マンモス赤二連矢印左