特定疾病保障特約とは

特定疾病保障特約の意味・解説

特定疾病保障特約とは

簡単に書くと、三大疾病で保険会社が定める所定の状態になったとき、保険会社から特定疾病保険金が出る特約です。

 

まず特定疾病とは?から説明します。
これは保険領域によって種類が違います。
介護保険、医療保険、難病、そして生命保険のそれぞれの疾病種類と解釈が違うのです。
生命保険の特定疾病とは、三大疾病に代表される3・5・7大疾病といわれる症状の状態なったときに保険金が支払われるというものです。

 

三大疾病は「がん、急性心筋梗塞、脳卒中」です。
五大疾病は「三大疾病+高血圧性疾患、糖尿病」です。
七大疾病は「五大疾病+肝硬変、慢性腎不全」です。
最近ではこれらに「精神疾患」も含めようという動きがあります。

 

これらの病気になった場合は、どうしても治療が長引く傾向があります。
結果、医療費全体でかなりの負担を強いられるのではないかという不安があります。
現在の日本では、これらの病気になっている人はかなりの割合です。

 

生命保険会社によっては、特定疾病保障定期保険特約特定疾病収入保障特約、などがあります。

 

こういった病気の時に日額の倍の金額の保険金が支給されたり、入院日数の限度が倍になったり、中にはガンについては無制限日数の入院ができる商品もあります。
特定疾病保障特約は特約としては保険料が高い部類ですが、現実的にお世話になる確率の高い保障であれば、若く健康で保険料が安い時に十分検討する価値があると思います。

 

保険選び 保険料もう少し安くなれ!と思いませんか

今後の必要額をシミュレーションして

希望を聞いて約35社から絞り込んでくれます

もちろん保険の相談は何度でも無料

便利な ほけんの窓口 の店舗探しは超簡単