リビング・ニーズ特約とは

リビング・ニーズ特約の意味・解説

 

リビング・ニーズ特約とは

リビング・ニーズ特約とは、生命保険の中でも「死亡保障」保険に付けることのできる特約です。
最近では生粋の生命保険会社で、自動で無料付帯になっていることが多いです。

 

死亡保障保険は被保険者が死亡した時に保険金が支払われる仕組みですが、リビング・ニーズ特約とは被保険者が死亡していなくても死亡保険金が「生きているときに」支給される仕組みとなっています。

 

リビング・ニーズ特約で、生きているというより、まだ死亡していないにもかかわらず死亡保険が受け取れるのは
余命半年以内と、医師の診断を受けたとき で
受け取れる保険金の上限が3000万円 になります。

 

但し、被保険者が医者から余命6か月以内と宣言され、その証明書が発行されなければなりません。
また、死亡保険金が全額支払われるとは限らず、保険内容によっては一部のみの場合もありますし、上限3,000万円という上限もありますので、保険証券で内容を確認してみましょう。

 

受け取った死亡保険金は使途が全くの自由なのです。

 

まとまったお金(リビング・ニーズ特約による保険金)が入ったし、余命半年なんだから、ぱーっと豪華旅行に行ってみよう!という使い方でもいいのです。

 

余命半年でも諦めずに、受け取った保険金でアメリカなどで最先端の治療に掛けてみるというのでもかまいません。

 

リビング・ニーズ特約は、死を目前とした人間が尊厳ある死を迎えられるように、また被保険者が生きているうちに死亡保険金の使い方を本人の意思が十分に反映され、また「生きる」エネルギーに変えられるようにと考えられた特約です。

 

このリビング・ニーズ特約は誕生してから日が浅いもので、プレデンシャル生命がアメリカで実践したものを1992年に日本で発表したものです。

 

保険探し難しいし、結構辛い!と思ったら

無料で保険の専門家に頼っちゃいましょう

ほけんの窓口 は何回でも相談無料

キッズコーナー・授乳スペースもあります

お店の空き状況は簡単に確認できます