生命保険の契約者とは

契約者の意味・解説

契約者とは

保険は「契約商品」です。
生命保険も同じく契約商品ですから、誰に保障を掛けようが契約者が契約するものです。
契約者と被保険者はよく混同されやすいのです。
保険を掛けられている人が被保険者なので、生命保険会社と保険加入の契約をした人が契約者なのです

 

かなり荒っぽいですが、もっとわかりやすく言うと、契約者は保険料を支払う人という事もできます。

 

そこで、心配になるのはご夫婦で、または親子で保険加入をしている場合で契約者が先に死亡した時はどうなるかといった心配をされている方がいるようです。
例えば、夫が契約者(保険料を出す人)で妻が被保険者、とか
母親が契約者(保険料を出す人)で子供が被保険者といった場合です。
こういった場合は「契約者変更」といった手続きをします。
これで解決します。

 

 

保険料を支払っている期間中に契約者が亡くなった場合は、契約者変更をした人が保険料の支払を続けていきます。
保険料を全納した(保険料を全額支払い済みだけど、保障は続いている)場合であれば、保険料の支払義務はありませんので保険権利をそのまま残すためにも被保険者が契約者になればよいでしょう。

 

 

なんだか契約者が被保険者でないと支払いだけしてなんだか損に気がしますね。
でも、保険は契約商品ですから、契約者の絶対権利があります。

 

それは「契約者貸付」といった制度です。
解約返戻金のある商品であれば、毎月支払っている保険料の積み上げ部分の一部あるいは全部の解約返戻金からお金を借り入れることができる制度です。
契約者自身が支払っていたお金ですから、契約者がお金を借りる(というより引き出すといった方がいいかと思います)ことができるのです。

 

青二重丸 保険のプロ、FPの無料相談

あなたの家族に合う保険で保険料節約!

今、保険無料相談で6,000円分の商品券

赤矢印右保険マンモス