保険料とは

保険料の意味・解説

青二重丸 保険とお金の専門家、FPの無料相談

保険を節約しながら、厚い保障に

今、保険相談で商品券6,000円分。予約簡単!

赤矢印右保険マンモス

 

保険料とは

「保険料」と「保険金」の違いが漢字一文字だけなので、いまいち分からないという方もいらっしゃいます。
確かに一文字違うだけで全く意味が違う言葉ですね。

 

保険料というのは、生命保険のサービスを買い取るための代金
よく勘違いされるのですが、死亡したとか、手術をうけた、生命保険の満期が来たときに受け取れる
「保険金」や「満期返戻金」とは違う
ものです。

 

この勘違い、本当に多いのですが
まぁ、「保険金」と「保険料」は一字違いなだけですから、間違えやすいのもうなずけます。

 

保険に守ってもらい続けるための料金」と覚えて頂ければいいかと思います。

 

 

この保険料ですが、保険という商品への支払い代金だけあって、いろいろな支払方法があるのです。
代表的なのが「月払い」「半年払い」「年払い」「一時払い」で
「月払い」「半年払い」「年払い」は、そのままの意味なので割愛します。

 

一時払い」はよく言う「一括払いと同じと考えてよいでしょう。
要するに長い期間の保障を「月払い」「半年払い」「年払い」のような分割払いで無く、保障開始前にに全額払うというものです。将来の保険料をまとめて一回で払い込む方法とも言えます。

 

もちろん、よくあるローンとか分割払いのように、全く同じ保障でも支払総額で考えると「月払い」より「半年払い」の方支払総額は安くなります。
総額で考えると「月払い」 > 「半年払い」 > 「年払い」 > 「一時払い」のように「1回の支払い保険料が大きくなるほど」、保険料"総額"は"安く"なります。

 

 

さらに、同じ期間の保障の支払方法で、「終身払い」と「○○歳払い済み」という支払方法があります。
例えば保障期間も保障内容も全同じ終身医療保険の場合

 

・保険料総額で考えると
 「終身払い (死ぬまで保険料を払う)」 > 「65歳払い済み」 > 「60歳払い済み」の順に

保険料総額は安くなりますが

・1回の保険金支払額は
 「60歳払い済み」 > 「65歳払い済み」 > 「終身払い (死ぬまで保険料を払う)」の順に

1回についての月額保険料が安くなります。

保険料総額で考えると、終身払いが一番高くつくことになるのです。

 

青二重丸 保険のプロ(FP) に任せて保険料大幅減額!

イエローカード制で、しつこい営業はありません

今、無料相談で商品券最大6,000円分!

赤二連矢印右保険マンモス赤二連矢印左