保険料とは

保険料の意味・解説


保険料とは

「保険料」と「保険金」の違いが漢字一文字だけなので、いまいち分からないという方もいらっしゃいます。
確かに一文字違うだけで全く意味が違う言葉ですね。

保険料というのは、生命保険のサービスを買い取るための代金で、よく勘違いされるのですが、死亡したとか、手術をうけた、生命保険の満期が来たときに受け取れる
「保険金」や「満期返戻金」とは違うものです。

この勘違い、本当に多いんです
まぁ、「保険金」と「保険料」は一字違いなだけですから、間違えやすいのもうなずけます。

保険に守ってもらい続けるための料金」と覚えて頂ければいいかと思います。

この保険料ですが、保険という商品への支払い代金だけあって、いろいろな支払方法があるのです。
代表的なのが「月払い」「半年払い」「年払い」「一時払い」で
「月払い」「半年払い」「年払い」は、そのままの意味なので割愛します。


一時払い」はよく言う「一括払いと同じと考えてよいでしょう。
要するに長い期間の保障を「月払い」「半年払い」「年払い」のような分割払いで無く、保障開始前にに全額払うというものです。将来の保険料をまとめて一回で払い込む方法とも言えます。

もちろん、よくあるローンとか分割払いのように、全く同じ保障でも支払総額で考えると「月払い」より「半年払い」の方支払総額は安くなります。
総額で考えると「月払い」>「半年払い」>「年払い」>「一時払い」のように「1回の支払い保険料が大きくなるほど」、保険料"総額"は"安く"なります。

さらに、同じ期間の保障の支払方法で、「終身払い」と「○○歳払い済み」という支払方法があります。
例えば保障期間も保障内容も全同じ終身医療保険の場合

・保険料総額で考えると
 「終身払い (死ぬまで保険料を払う)」>「65歳払い済み」>「60歳払い済み」の順に、保険料総額は安くなりますが

・1回の保険金支払額は
 「60歳払い済み」>「65歳払い済み」>「終身払い (死ぬまで保険料を払う)」の順に、一回についての月額保険料が安くなります
保険料総額で考えると、終身払いが一番高くつくことになるのです
どんな商品も、分割長期払いは支払総額が一回払いや少数回の分割払より高くなるのと同じですね。

保険選び 更新はありませんか?値上がりませんか?

保障の充実も、保険料の減額もお任せ

提案がイマイチなら気軽に断れます

強引な営業はありません。ほけんの窓口

保険相談は、何度でも無料です!



当サイトの訪問数Best5 !

 


第一位桃

訪問数 第一位
人気保険会社ジブラルタ生命

なぜかこのサイトは外資系が人気のようです。ジブラルタ生命の結構衝撃的な数字の話、家族収入や人気のドル建て保険についても解説しています。

 


第二位桃

訪問数 第二位
人気保険会社保険の見直し方・選び方

結婚しても保険を見直す必要は無いかもしれません。ですが家族が増えたら、万一の後に遺された子供が進学できないことが無いように、しっかり見直しましょう。

 


第三位桃

訪問数 第三位
人気保険会社保険無料相談ランキング

保険の無料相談をランキングしました。このページが急浮上した理由は、管理人が実際に保険相談した体験談を書いたことがお役に立っているのでしょう。

 


第四位桃

訪問数 第四位
人気保険会社メットライフ生命

メットライフ生命はダントツの安さが期待できる「スーパー割引定期保険」が有名です。他にも保険商品を解説しています。

 


第五位桃

訪問数 第五位
人気保険会社マニュライフ生命

このサイトでマニュライフ生命は大分人気があるのです。収入保障保険や非喫煙者保険料率の終身保険、外貨建て保険など、多彩な商品が人気の秘密だと思います。