配当金とは

配当金の意味・解説


配当金とは

生命保険には3つの予定利率というものがあります。
予定死亡率、予定利率、予定事業費率です。

この三つの予定利率と実際の運営との差で生じた、剰余金の一部を契約者に分配するお金のことです。

予定死亡率は厚生労働省が出している生命表から出された平均寿命をもとに利率を計算します。
予定利率は契約者から集められた保険金をもとに運用利益を予定したものです。
予定事業費率は保険会社の運用に必要な経費等を見込んで予定利益を計算します。

契約者が支払う保険料は、これらの予定利率を組み込んで計算されたものですが、あくまでも「予定」ですので、実際にはあらかじめ予定(予想)していたように、死亡したり、利益が出たり、経費が掛かったりするとは限りません。
そこで実際に予定していたよりも余剰利益が出た場合に利益の還元をするものが「配当金」です。

生命保険の商品によって「有配当保険」と「無配当保険」があります。

無配当保険はこの配当金は最初からありません。
配当の無い保険商品なので、配当があるの保険商品より予定利率などを実際の率に近いものを当てるので、保険料が安くなります。

有配当保険は無配当の保険商品より保険料が高くなります。
毎年の決算で利益を還元できる「毎年配当」
5年の通算で配当を計算して利益を還元する「5年利差配当」
長期継続の配当や満期時配当の「特別配当」
などのタイプがあります。

保険選び この会社の保険、家族に合ってるかな?

と思ったら、ほけんの窓口 で無料相談

専門家が約35社から意向に沿って絞り込み

予約は簡単!無理な勧誘はありません

もちろん、保険相談は何度でも無料です