解約返戻金とは

解約返戻金の意味・解説


解約返戻金とは

解約返戻金とは、加入済みの生命保険を解約したときに、契約者に還元されるお金を言います。
生命保険会社につぎ込んだお金の一部が返ってくるとか
保険商品
生命保険会社につぎ込んだお金よりも多額のお金が返ってくる場合もあります。
例えば、学資保険は、つぎ込んだお金の総額よりも高額のお金が戻ってきますよね。

保険種類・商品や加入からの時期などにより解約返戻金の金額は違います。
まず、解約返戻金が無い保険があるということを知っておく必要があます。

「掛け捨て」の保険は解約返戻金がありません。その代わり保険料はぐんと安くなっています

「低解約保険」という名称があるものも、保険料の支払期間は解約返戻金を少なく設定されています。
その代わり保険料は支払期間中は安く設定され、また支払期間を過ぎるとかなりの利率で増えていくものがあります。

こういった「解約返戻金」の仕組みですが、例えば毎月一定の保険料の支払をしている人からのお金が
保険会社の運営費用として使われます。
・相互扶助(多数の人お金が誰かの保険金になる)の部分として
 保険金が必要な別の人に使われるための資金になります(責任準備金)。
・これらの二種類の経費を差し引いた金額が解約返戻金となっていきます。

あまり良くない生保レディー(というより、生保のおばちゃん)に
「解約返戻金があるから心配いらない」とか「いざ解約するとき少しでも解約返戻金がもどってくるから」といって生命保険を勧める人がいるようです。
そもそも解約返戻金は自分が払った保険料から保険として必要な部分を差し引いたお金ですから、実際は損をしていることになります。

基本的に生命保険は保障が目的です。解約目的で保険加入をするのではなく、人生をしっかり考えて保険加入をしたいものです。

更新はありませんか?値上がりませんか?

お子さん連れでも安心のキッズスペース

無理に保険を勧めることも無いので

近くのほけんの窓口 で気軽に相談できます

店舗検索簡単、保険相談は何回でも無料