生命保険の更新とは

更新の意味・解説

青二重丸 保険とお金の専門家、FPの無料相談

保険を節約しながら、厚い保障に

今、保険相談で商品券6,000円分。予約簡単!

赤矢印右保険マンモス

 

更新とは

生命保険の更新は少々ややこしいです。まず、生命保険には契約期間があります。
保険の契約期間が切れても、その保険を契約し続ける手続き保障の継続更新です。

 

終身保険や終身医療保険、学資保険などには無いのが更新ですが
定期保険や各種特約などに更新があります。
生命保険の種類や商品種類によって更新の有無があるのでややこしいのです。

 

「定期保険」に加入している場合、10年、15年、20年といった切りのいい時期に更新の案内が来ます。
更新をしないと現在加入している保険が解約になってしまいますので
被保険者(保険がかかっている、保険の保障の恩恵を受ける人)には保障が無くなる不利が生じますし
保険会社からすれば、お金がもらえません。
ですのでは是非更新をしましょうと案内がくるわけです。

 

更新をすると、必ず保険料が高くなります。言い方が悪いですが
保険料は更新時の年齢に応じた保険料で良いなら、保障は継続してあげる
みたいなものが更新だからです。
更新時の年齢にもよりますが、かなり保険料が高くなって「これなら支払ができない」となりやむなく解約を考えてしまいます。
保険会社は解約をしてほしくないので、特約や保険金の減額などをして継続を勧めます。

 

では、なぜ「定期保険」+「更新」という形がずっと存在しているのでしょう。

 

それには、一生保険料の変わらない終身保険が存在するのに定期保険があるのか、といったところから考えなければなれません。

 

定期保険の最大のセールスポイントは保険料の安さです。
他の終身保険より安い保険料を払っていたのですし、更新時には年齢が高くなるのですから、当然のように保険料は高くなります

 

実は保険会社の考えでは
定期保険の更新時は一度保険が解約状態になって新たに加入し直すということになっています。
なので、新しい年齢、つまり加算された年齢で保険料を再計算するのです。ですので更新後の保険料は以前より高くなります。
更新のメリットは新規加入時に健康体だったのが、更新時に病気でも、加入時の健康状態そのままの内容で更新できます

 

青二重丸 保険を節約して住宅ローンに余裕を

保険とお金の専門家、FPの無料相談

今、保険相談で商品券6,000円。予約簡単!

赤二連矢印右保険マンモス赤二連矢印左