ソルベンシー・マージン比率とは

ソルベンシー・マージン比率の意味・解説

青二重丸 FPは保険と家計の専門家

あなたに合う保険を無料で教えてくれます

今なら商品券6,000円分、もらえます。

赤矢印右保険マンモス

 

ソルベンシー・マージン比率とは

支払余力とも言いまして、
生命保険会社の経営状態が健全なものかどうかを表す指標だそうです。
その指標が何の役に立つかというと、生命保険会社の経営点数とか、保険金支払い能力点数のようなものにもなるのです。
もっとまとめて言うと
通常の予測を超えたリスクに対応する、保険金の支払余力を示したもの
と言えるでしょう。

 

東日本大震災のように一度に大勢の人に不幸が降りかかったときに、生命保険会社は一度にたくさんの保険金支払が発生します。

 

また、株の暴落の場合は、保有していたお金からかなりの割合で資本が引き出されることも予想されます。
こういった予期しない極端な事態でも、会社経営体制が揺らぐことなく運営できる体力。とでもいうべく評価指数となっています。

 

日本ではソルベンシー・マージン比率が200%未満になると金融庁から経営体質の改善命令が下されます。
過去に破綻した国内生命保険会社は8社あるのですが、全てがこの200%近辺でした。
ですから、ソルベンシー・マージン比率に注目するなら、500%以上を安全圏とみて差し支えないと思います。
できれば800%以上だと問題はないかと思います。

 

ちなみに、新しい保険会社は保有契約数が少なく、保険金の支払いがほとんど無いのでソルベンシー・マージン比率も相対的に高くなります
営業を開始して数年の生命保険会社で、ソルベンシー・マージン比率が3000%を超えた例もあります。
そんなに凄い数値を出しても、生命保険会社としてはまだ乳児のような状態なのですから、ソルベンシー・マージン比率の数値に余りこだわっても仕方ないという好例ではないでしょうか。

 

さらに言えば、100年以上続いて年間何兆円もの生命保険売上(保険料等収入といいます)を上げている生命保険会社でさえも、ソルベンシー・マージン比率が800%に満たない会社もあるのです。
ですがそんな会社でも何兆円もの生命保険を売っているのですから、保険金支払い余裕度よりも100年以上積み上げた信用、そして過去に何万件もの保険金を支払い続けた実績が物を言うのかもしれません。

 

青二重丸 FPは保険節約のプロ。お金に関する有資格者

保険減額の無料アドバイスで貯金増額!

今なら6,000円分の商品券がもらえます。

赤二連矢印右保険マンモス赤二連矢印左