悪い 保険営業 保険店舗

生命保険会社の悪口を書きたくないが

単身赴任の知人に面白いネタを聞けたので書いてみます。保険営業や保険無料相談の悪口を書きたいのでは無く、もしこんなことがあってもこのような逃げ方があります。といった感じです。
知人の話を自分目線で書いているので私とか俺とか書いていますが、全て知人目線です。

保険料が二倍になりそう

社会人になってしばらくしてから加入した保険は、ちょくちょく会社回りに来ていた保険のお姉さんが綺麗だったからです。当時の若い私は色気に負けて保険に加入しました。

保険のお姉さんは加入するまでは合コンに参加してくれたり、こまめに連絡をくれたり直筆のメモをくれたりしますけど、加入したら急に冷たくなるんですよねぇ。
まぁ、営業職は客を狩ったら次の客を狩りに行く宿命ですから仕方ないですよね。

あれから14年経ちました。
その生命保険に今でも加入していてますが、もうすぐ更新で保険料が二倍近くになることがわかり、もう少し保険料が安くならないの?的な問い合わせを保険会社のコールセンターにしてみたら
細かい話は営業と話さないとわからないというので、営業職さんに来てもらうことにしました。

お色気営業を呼んでしまった

数日後、ウチに来た営業は女性二人。てっきり男性の営業職が一人で来ると思っていたので驚きました。

前日に挨拶と訪問確認の電話が来ましたが、目の前の女性の片方が電話したようです。電話では保険会社のどこかの支部の事務のお姉さんが電話してきたと思っていたので、一方的な私の勘違いではあるのですが。
まぁ、単身赴任で一人暮らし状態のアラフォー男の住処に女性一人で来る方がおかしいかぁ。

それにしても片方のお姉さんがなんか上目遣いだし、媚びてる感じがするんだけど。
妙に色気出すなぁ。

全然親身じゃ無い

女性は一人が30歳くらいだと思います。もう一人が自分で言ってましたが入社四ヶ月だそうで本当に初々しい。結構背が高くてモデルみたいな感じがします。
新人さんはほとんどしゃべらず、先輩が一方的に話す感じです。ですが妙に上目遣いでキャバ嬢みたいな笑顔が怖い。

本題ですが
保険を更新すると保険料がそのときの年齢で再計算されるので年齢に応じて保険料が上がるのだそうです。

さらに、私の保険は定期保険と終身保険が一緒になっている保険だそうで、今はこの保険は古いタイプなので、今流行の自分で組み立てる保険にした方が今より少し安くなるし、自分で保険を組み立てるから保障内容の納得度がまるで違うというのです。

ばらばらの保険を組み立てるお手伝いは私たちが一緒に解決していきますよ。と、なんだか恩着せがましいんです。

お色気営業失敗

「なんか話が違うなぁ。コールセンターには、今の保険を安くする方法を聞いたんだけど、新しい保険に興味は無いよ。」
と言うと、上目遣いで、そのお気持ちかりますぅ的なことを言って一瞬認めるものの、結局新型保険の話に持って行くし。
じゃぁ、保険金を削って保険料を安くすることはできるか聞いてみると、できるけど保障が下がるのはお勧めできないので新型保険が・・・と、新型保険の話にやたら持って行くし。

今の保険を下取りに出せば新型保険に安く加入できるというのですが、下取りって例えば百万円の価値があっても半額で売らなきゃならないってことでしょ?と言ったら黙り込むし。

話にならないので、もうちょい考えると誤魔化して帰ってもらいました。帰るとき先輩のお色気は完全に無く、凄いムッとした顔になってました。

新規じゃないと成績にならない

翌日、コールセンターに保険減額の話をしたいのに新規の保険の売り込みばかりされた。と文句を付けたら、電話口のお姉さんが申し訳ありません。と謝り、別の営業を伺わせますと言ってきましたが、面倒ので断りました。

会社の同僚にこの話を愚痴ったら、保険売りはどんな手段でもいいから新規の保険を契約しないと成績にならないと教えてくれましたよ。

さらに、古い保険を下取りに出して新しい保険に少しだけ安く加入する方法を、転換というと、この同僚から教わりました。

ああ、だから昨日の先輩営業は必死にキャバ嬢スマイルして新規保険を売り込んだたんだ。新人さんは先輩営業の歳取って足りなくなった色気の補助的な感じかな?と、一人で納得しました。

保険選び 保険の知識が無くても大丈夫です

強引な勧誘なんてしません

専門家がわかりやすく説明してくれますよ

約35社から希望を聞いて絞り込み

もちろん保険の相談は何度でも無料

便利なほけんの窓口の店舗探しは超簡単

保険相談右ほけんの窓口保険相談左

戦慄。マイナー鬼保険店舗

保険会社の営業職以外で保険の相談ができるのは保険ショップとか自宅などに来てくれるFPですけど、自宅に来てくれるのもこの間で懲りたし、どこか保険ショップで相談してみるかぁと思い
たまたま職場の近くに保険ショップがあるのを見つけたので、予約を取り行ってみました。

オチ先出し

先にオチを書いちゃうと、その保険ショップもロクなもんじゃなかったです。
念のために書くと、このマイナーナ保険ショップのこの担当者が酷かっただけで、周りに聞いた限り大手保険ショップなどはこういうことはほとんど無いようです。

転職したばかりの人?

私の担当は二十代半ばくらいの男性ですが、スーツが真新しくてシワが無いせいか、なんかスーツを着慣れていない感じがします。
最近転職してきた人なのかなぁ?と思いましたが余計話はせず、男性に保険証券を見せて転換で無くて保険の減額をしたいと話したら
そんなのできませんよ?」と言われてしまいましたよ。
「え!? なんで減額できないの!?」と、ツッこんでしまいました。この人、保険の知識が無いみたいです。

知識が無い保険のプロ

「これはできなんですよ。ですので安い会社の保険を組み合わせて生涯保障にした方がいいですよ。」と、保険会社(のお姉さん)は減額できると言っているのに、この保険のプロは減額できないときっぱり言いましたよ。

(この保険のプロ、やっぱ最近転職したんだ・・・俺より知識無いじゃん、保険の素人じゃん。)と呆れてしまいましたよ。
死亡保険金を下げれば保険料が安くなるのは保険の素人の私でもわかりますが、保険のプロの店で今加入している保険の減額ができないと言われるとは思いませんでした。
しかもはっきり言わないにしろ、いきなり保険を売り込んでいるよね?とも思いましたよ。

とにかくガンガン攻めてくる

この保険ショップは今加入している保険を諦めさせて新規加入さる保険セールスなんだ。と理解したのでこの保険ショップで保険を見直す気が無くなりましたが
後学のためにとりあえず、この保険のプロ(本当は素人です)が言う案を見ることにしました。

プリンターから出てきた紙を保険の素人が私に見せます。
A社定期保険
B社終身保険
C社医療保険
それぞれ違う保険会社の商品を寄せ集めたというか組み合わせたプランで、これだと確かに今の保険と保障内容が変わらず、保険料は今とそんなに変わりありません。
これには正直驚きました。今の私の年齢で組んだ保険が15年前の年齢と同じような保険料になるのは、実質かなり安くなっています

驚いて「へぇ、本当に安くなるんですねぇ」
と言った瞬間
「このプランにご加入しますか?」
と言われましたよ。今度は確実に売り込みの話キタよ。

「え?大まかな保障と保険料しか見てないからもうちょっと見せてよ」と言ったら
「でも安いですよね?」と畳みかけられます。

強引な売りつけ寸前だ!

「まぁ、実質安くなってる気がしますけど・・・」と言うと
「だったらすぐにでも変えた方がいいですよ」と、保険加入をガンガン攻めてきます。

応酬話法という強引なセールスの基本話法で攻められる私。これって保険加入強制の一歩手前に思うんですけど。
ヤバい!これでは断り切れない!このプランの弱点を見つけないと!
と思いながらも、攻める保険の素人に生返事しながら必死でプランの隅々を見る私

終身保険と医療保険で「保険料:終身払い」と書いてあるのを見つけました。「見つけたぁぁぁ!コレだ!」と心の中で叫ぶ私。

立場逆転

「あの、なんで定期保険だけが55歳までの支払いで、終身と医療が死ぬまで払いなの?」
と、あえて「死ぬまで」と言ってみます。
「保険料が安くなってお得になるからですよ。」
と素人さんは言いますが、怪しい。

私「終身保険も医療保険も55歳払いでシミュレーションしてください」
素「終身と医療は60歳払いまでならできます」→ちょっと弱気になってます。
私「じゃあそれでいいよ。紙、出して」→ちょっと強めに言ってみた。

必ず複数パターンのシミュレーションを

素人さんは黙ってパソコンにデータを打ち込み、プリンターから出てきた紙を私に見せます。
私「ん?保険料が今の保険の70%増しかな?」
これでは今の保険を転換させる保険会社営業のプランとそんなに変わりません。

実はこの保険ショップから帰宅して落ち着いて考えてみたら、保険ショップのプランは医療保険部分も終身保障なので、医療部分が50歳ちょっとで無くなる保険会社のプランよりよくできているプランではあったのです。
ですがこのときはそのことに気が付きませんでした。

成績優先か?

このとき、ちょっとひらめいて
私「そういえばテレビで健康だと割引になる保険って宣伝してるよね?このシミュレーションの定期保険は健康割引無いの?」
素「それは・・・・」
私「つか、何で健康割引の話をしないんですか?」
素「忘れてました」
私「忘れてたんですか?定期に健康割引があれば、医療と終身保険を終身払いにしなくても保険料安くなりそうだよね?じゃぁ、さっきはなんであんなに保険に加入させようとしたの?」
素「強引に加入を勧めたわけではありません。」
私、(健康割引き無しの保険だと成績が良くなるんじゃないのか?)と勘ぐり、このスタッフを疑い始めます。雰囲気は凄く険悪です。

保険料の総額も重要

念のため二つのプランを見ると、終身払いの保険料「総額」が60歳払いの保険料総額の15%近く高額になっていることに気がつきました。
(保険料総額が上がるとこの人の成績上昇になるはずだ)と、さらに疑います。ここまで酷いと何も話す気になれません。

今日はここまでにしましょう、と私から切り出し、次回の予約をせずに店を出ました。

これは知人曰く「なんか昆虫の名前が付いていた」マイナーな保険相談店舗での話です。

友人の話は以上ですが、これとは全く別の 保険無料相談おすすめランキングの保険相談店舗も保険無料相談も凄く良い対応ですよ。